承久の乱についてご存知ですか?
歴史の教科書にはよく出て来る出来事なので、聞き覚えのある方もいるかもしれませんね。

今回は、中学生の方向けに承久の乱をご紹介すると共に、この戦いが行われた場所や、その後の歴史に与えた意義についてもご紹介します。

スポンサードリンク

承久の乱を中学生向けにわかりやすく解説!


まずは承久の乱がどのような出来事だったのか、中学生の方向けにわかりやすく解説します。

承久の乱とは、1221年に起きた京都の後鳥羽上皇と、鎌倉幕府の執権、北条義時との間で行われたの戦いのことです。後鳥羽上皇と鎌倉幕府、それぞれの動きを見ていきましょう。

1192年、源頼朝が朝廷から征夷大将軍の位を授かり、鎌倉幕府が正式に認められます。しかし、幕府の役人である守護や地頭を置くことができたのは、おもに関東地方を中心とする地域で、近畿や中国、九州北部の地域では幕府による支配は十分行き届いてはいませんでした。やがて頼朝が亡くなり、長男が2代頼家、次男が3代実朝とその跡を継ぎますが、どちらも長続きはしませんでした。

その一方、当時の京都を中心とする近畿から九州北部の地域では、朝廷とその事実上のトップである後鳥羽上皇が天皇以上に権力を握り、政治を行う「院政」を行った状態でした。朝廷と自らの存在感を高める事に熱心だった後鳥羽上皇ですが、そこで邪魔になっていたのが当時急速に力を付けていた鎌倉幕府でした。

そんな状況の中、1219年に3代将軍の実朝が頼家の子・公暁に暗殺される事件が起きます。
これによって源頼朝の子供は居なくなってしまいました。

そこで後鳥羽天皇は「京と鎌倉という、2つの権力が存在する現状を改める機会が来た」と考え、1221年に幕府を倒すための兵を挙げました。自分が命令すれば、大きな寺院や全国の武士が味方に付くはずと上皇は踏んでいましたが、その思惑は外れてしまい、彼らは味方につきませんでした。

逆に鎌倉では、幕府存亡の危機に東国の武士たちが一致団結します。その事実上のトップだった北条義時ら幕府軍は鎌倉を出発し、進軍の途中で軍勢を増やしていきました。最終的に軍勢は約20万人にまで増え、後鳥羽上皇の軍を破ったのです。

※参照:鎌倉幕府の年表や役職を解説。場所やその跡地にも迫る!

承久の乱が行われた場所はどこだったのか?


では、承久の乱が行われた場所はどこだったのでしょうか。

承久の乱の舞台となったのは以下の4つです。

・砺波山(現在の富山県-石川県の県境)
・大井戸渡(現在の岐阜県可児市)
・墨俣(現在の岐阜県大垣市)
・宇治(現在の京都府宇治市)



京都の後鳥羽上皇に宣戦布告をした北条義時は、有力な御家人を北陸道、東山道、東海道の3つのグループに分かれ、鎌倉を出ました。北陸道ルートのグループは砺波山(現在の富山県)で、東山道ルートのグループは美濃(現在の岐阜県西部)と尾張(現在の愛知県西部)の境にある大井戸渡で、東海道ルートのグループは美濃の墨俣(現在の岐阜県)でそれぞれ上皇軍と激突、いずれも勝利する事に成功しています。

美濃・尾張で敗戦した上皇軍は京都の宇治で幕府軍を迎え撃ちますが、幕府軍はこれを撃破します。6月15日、幕府軍はそのまま京へなだれ込み、町を焼き払いました。

戦いの後、幕府打倒を企てた後鳥羽上皇、上皇の皇子である土御門上皇と順徳上皇の3人は、北条義時によって京を追放されました。後鳥羽上皇は隠岐(現在の島根県隠岐島)へ、土御門上皇は土佐(現在の高知県)へ、順徳上皇は佐渡(現在の新潟県佐渡島)へと流され、それぞれが流された場所で一生を終えました。

スポンサードリンク

承久の乱がその後の歴史に与えた意義とは?


それでは、承久の乱がその後の歴史に与えた意義は何だったのでしょうか。
中学生の方にもわかりやすくご紹介します。

1つ目の意義として、鎌倉幕府の影響力が日本全国に広まった事が挙げられます。承久の乱が起こるまでの鎌倉幕府の影響力は関東地方などの東日本に限られており、近畿地方から西までその力は及んでいませんでした。
しかしこの戦いの後、幕府は後鳥羽上皇に協力した貴族や武士の領地を取り上げて、新たに幕府の役人である地頭を置きました。取り上げた土地の多くは近畿地方や中国地方など、幕府が支配できていなかった地域です。こうした土地に東国の武士たちを地頭として派遣し、鎌倉幕府の支配地域は全国に広がっていくのです。

もう1つは、鎌倉幕府の力が朝廷より上という事が明確になった点が挙げられます。承久の乱が起こるまでは、朝廷と幕府が同じくらい力を持っていて、地方によっては領地争いなどのトラブルが発生するケースもありました。
しかしこの戦いの後、鎌倉幕府は「六波羅探題」という役所を置いて朝廷や西国の監視を行い、承久の乱のような動きに目を光らせるようになりました。

スポンサードリンク

この記事のまとめ


承久の乱や戦いが行われた場所、その後の意義を中学生の方向けに解説しました。

鎌倉時代の初めは東に幕府、西に朝廷が並び立つ状態でした。しかし承久の乱をきっかけに、武家の政権である鎌倉幕府の支配が西日本に及び、朝廷は幕府から厳しい監視を受けることになったのです。

この状態は鎌倉幕府が滅亡する1333年まで続く事になります。
以下の記事では鎌倉幕府を滅ぼすキッカケを作った後醍醐天皇について解説しているので、興味があれば一度ご覧になってみて下さいね。

※参照:後醍醐天皇のプロフィール!足利尊氏との関係や南朝の場所はどこ?