日本という国の大きな特徴として、天皇制を採用している事が挙げられます。
「王様」世界各国に存在しますが、「天皇」は日本にしかいません。

では、この天皇制とはどのような制度なのでしょうか。
その維持費や王制との違いが何なのか、気になった事がある方も多いと思います。

こうした疑問に答えながら、天皇制についてわかりやすく解説します!

スポンサードリンク

天皇制をわかりやすく解説。時代によって意味が違う?


まずは天皇制とは何なのかを、わかりやすくご紹介します。

現在の日本国憲法では、「天皇」は日本国および日本国民の象徴だと言われています。
つまり「天皇=日本のシンボル」という事になり、これを憲法や法律でハッキリと定める事が天皇制の基本だと言えるでしょう。

また、天皇になれるのは今の皇族の方々だと決められています。
古くから伝わる伝説によると、今から2600年前から天皇家の家系は続いているとされており、これも天皇制の多くな特色と言えます。

ただし、「天皇制」と一言で行っても、天皇の立ち位置は日本の歴史の中で何度も変化してきました。祭祀のトップや軍人のトップとしての側面が強かった時代もあれば、摂政や関白、幕府といった時の政権に正当性を与える役割を担った時代もあります。

また、明治時代に定められた大日本帝国憲法では天皇は元首と定められており、軍の指揮権や統治権を持つなど強い権力を持っていました。
しかし第二次世界大戦を経て、天皇は「元首」ではなく、現在定められている「日本国および日本国民の象徴」という性格へと変化していったのです。

天皇制と王制の違いは?実はあまり変わらない?


また、天皇制と言えば王制との違いも気になりますよね。
この2つの体制は一体どこが異なるのでしょうか。

まず、国際政治上はこの2の間に違いはありません。
天皇制はあくまで立憲君主制の1つであると考えられています。

これは、元首である天皇(あるいは王)の役割はあくまでその国の象徴であり、実際の政治は法律に従って政治家や内閣が行うという決まりになっている政治体制です。
この立憲君主制を採用している国は、日本以外にもオランダやスペイン、デンマークとった王制を取っている国々で見られるため、この点から考えると天皇制と王制の間には違いはないという事になります。

天皇制と王制の違いを敢えて言うのであれば、日本の皇室は世界最古の王族という点が挙がる事になるでしょうか。世界の皇室や王族の中には、長い歴史の中で滅ぼされたり跡継ぎが産まれない等の理由で血筋が絶えた所が沢山あります。
その一方、日本の皇室は、神話上は紀元前660年頃から、少なくとも資料により確認できる4世紀頃から絶えることなく続いている家系です。天皇制と王制の違いを挙げるのであれば、こうした血筋が絶えていないという点が指摘できるかもしれませんね。

スポンサードリンク

天皇制の維持費はどれ位?皇室費用を3つに分けると?


ところで、天皇制の維持費ってどれ位なのかご存知ですか?

2016年12月現在、皇室の方は18名いらっしゃいますが、こうした方々の生活費は税金から賄われています。こうした天皇制を維持するための費用は「皇室費用」と呼ばれており、この費用は皇室経済法第3条によって内廷費、宮廷費、そして皇族費の三つに分類されています。

内廷費とは、天皇陛下、皇后陛下、皇太子、皇太孫の生活のための資金で、2016年度は3億2400万円となっています。この内廷費は御手元金、つまり皇室の方々のお金として使われる事となっています。

2つ目の宮廷費とは、皇族の公的な活動に必要な経費です。儀式や外国ご訪問、国賓などの接遇に使用され、内廷費とは異なり宮内庁が管理する事となっています。2016年度には55億円ほどが計上されています。

そして最後の皇室費ですが、これは皇族の品位を保つために支給されるお金の事で、秋篠宮家や常陸宮家、三笠宮家の方々が受け取られいる費用です。お一人当たり3000万円程が支給される事となっており、2016年度は3億円弱が支出されています。また、皇族の方がその身分を離れる際の餞別みたいなものとして支出されるケースもあります。

こうした3つの費用の他にも、宮内庁の職員の方のために「宮内庁費」と呼ばれる費用が2016年度には100億円ほど計上されています。つまり、天皇制の維持費の総額は大体170億円ほどであることが分かります。

スポンサードリンク

この記事のまとめ


このページでは天皇制をわかりやすく解説すると共に、天皇制と王制の違いやその維持費についてもご紹介しました。

天皇制の話題は、生前退位問題や女性天皇などに関する議論がしばし取り上げられています。
この制度についての理解を深めることは、日本人にとって非常に重要だと言えるでしょう。


最後に、今回説明したことをまとめてみました。

・現在の天皇は、日本国および日本国民の象徴
・天皇の立ち位置は時代によって変化し続けてきた
・天皇制と王制の違いはあまりない
・日本の皇室は、世界最古の王族でもある
・天皇制を維持する費用は「皇室費用」と呼ばれる
・皇室費用は主に3つに分かれ、その総額は170億円ほど


これで、外国の方にも天皇制についてしっかりと説明することができますね。日本の天皇制の歴史や、今の象徴天皇制に関する議論は非常に深いので、気になる人はより深掘りして調べてみるのもいいと思いますよ。